お知らせ

2011年09月15日(木)

秋の特別企画展  十三代 今右衛門展 Part I 鍋島とともに

kikaku-image-20.jpg十三代今泉今右衛門が逝去して10年。
この度、当美術館では「十三代 今右衛門展 Part I 鍋島とともに」を開催いたします。
十三代は若い頃から、伝統工芸は現代の人にも通じるものでなければならないという自論から、生涯、十三代としての現代の色鍋島の世界を追求してきました。その結果、鍋島の裃を着たような堅苦しさからの脱皮として吹墨・薄墨の技法を確立させましたが、同時に江戸期の意匠の中に、普遍的な美意識を見出しそれらを作風の中に取り入れたものも多く見られます。
今回は現代の色鍋島を追い求めた十三代の作品と、その意匠と関連する江戸期の鍋島も併せ展示いたします。
十三代が好んだすすきの穂が風にゆれる季節。十三代の在りし日を偲んでいただければと存じます。

秋の特別企画展 十三代 今右衛門展 Part I 鍋島とともに
■会期:平成23年9月15日(木)~12月18日(日)
■会場:財団法人今右衛門古陶磁美術館
※詳しくは今右衛門古陶磁美術館ホームページまでどうぞ→