お知らせ

2012年03月29日(木)

(財)今右衛門古陶磁美術館 春の特別企画展 鍋島・古伊万里 コラムとともに Part.I

kikaku-image-21.jpg(財)今右衛門古陶磁美術館に蒐集されている古陶器は、十一代の頃から焼物を造るための資料として集められてきました。当時、古陶磁の写真なども少ない頃、制作する上での唯一の手本であり、あるときは文様・形状の資料として、あるときは技法の資料として代々の仕事を陰で支えてきました。
しかし、古陶磁が手に入る経緯は様々なエピソードが隠され、それらの話は代々語り継がれてきました。その一部は平成18年以来、当館のウェブサイト上に「古陶磁コラム」として掲載し紹介してまいりました。
この度、当館では「鍋島・古伊万里 コラムとともに PART・I」と題して、古陶磁とコラムを同時に紹介いたします。古陶磁と代々今右衛門の関わりの一端をお楽しみいただきましたら幸いに存じます。


春の特別企画展 鍋島・古伊万里 コラムとともに Part.I
■会期:平成24年4月5日(木)~7月16日(月)
■会場:財団法人 今右衛門古陶磁美術館
※詳しくは今右衛門古陶磁美術館企画展ページまでどうぞ→