お知らせ

2014年10月15日(水)

秋の特別企画展 十一代今右衛門展 寄贈作品を中心として

kikaku-image-26.jpg 本年、今右衛門の代々の色絵磁器を愛されてきた故渡辺雅雄様のコレクションを、ご遺族の方々より当館へご寄贈をいただきました。
 この度、当館では秋の特別企画展としまして、ご寄贈いただきました作品を中心として「十一代今右衛門展 寄贈作品を中心として」を開催いたします。
 十一代今右衛門は昭和初期、江戸期の色鍋島・古伊万里の名品をしのぐ技術にて様々な優品を創出いたしております。特に葛飾北斎の富嶽三十六景の浮世絵に範を得、色鍋島・古伊万里とも異なる写実の絵付け技法を駆使した色絵磁器は、今尚、十一代の隠れた名品として高い評価を得ています。本展では、これら富嶽三十六景の飾皿や十一代の技術の粋を集めた作品を紹介いたします。
 代々受け継がれてきた技術による、昭和初期の十一代今右衛門の技と美の世界をご高覧いただきご堪能いただきましたら幸いに存じます。

秋の特別企画展 十一代今右衛門展 寄贈作品を中心として
■会期:平成26年10月17日(金)~12月23日(火)
■会場:公益財団法人 今右衛門古陶磁美術館
※詳しくは 今右衛門古陶磁美術館企画展ページまでどうぞ→