ごあいさつ

今右衛門窯の色絵磁器は、江戸期の美意識と品格を今に伝え、その手仕事による技術は、轆轤、染付の線描き・濃み、柞灰による釉薬、松木の薪による窯焚き、一子相伝の秘法として受け継がれてきた赤絵(赤・黄・緑の上絵)の調合・技術に至り、国の重要無形文化財保持団体として認定され、高い評価を受けています。

この器の、大切に使うほど深みを増す赤絵や、縮緬のような釉薬の肌合いは、人の心を静め、豊かにしてくれるのではないかと思っています。

代々受け継がれてきた技、現代の色鍋島・今右衛門の色絵磁器をご堪能下さいましたら幸いに存じます。

色鍋島 今右衛門窯  今泉今右衛門