陶歴

1962年(昭和37年) 佐賀県有田町に生まれる
1985年(昭和60年) 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科(金工専攻)卒業
福岡(株)ニック入社
1988年(昭和63年) 京都・鈴木治先生に師事
1990年(平成2年) 有田・父、十三代今右衛門の許、家業に従事
1995年(平成7年) 九州陶芸八人の会展出品
1996年(平成8年) 日本伝統工芸展 入選(~2013)
佐賀県美術展 知事賞受賞
一水会陶芸部展 一水会賞受賞(1996、1998)
日韓野外陶芸展出品(佐賀 世界炎の博覧会)
(財)今右衛門古陶磁美術館の学芸員に就任
1997年(平成9年) 韓日現代陶芸交流展出品(韓国 昌原市)
出石 磁器トリエンナーレ佳作受賞
日本陶芸展入選(~2013)
西部工芸展 鹿児島放送局賞受賞
1998年(平成10年) 日本伝統工芸展 工芸会会長賞受賞 正会員に推挙さる
佐賀銀行文化財団 新人賞受賞
佐賀新聞文化賞奨励賞受賞
1999年(平成11年) 青山グリーンギャラリーにて個展を開催する
2001年(平成13年) クレイワークス二人展出品
2002年(平成14年) 十四代 今泉今右衛門を襲名
色鍋島今右衛門技術保存会会長となる
(財)今右衛門古陶磁美術館の理事長に就任
一水会陶芸部 会員優賞受賞
2004年(平成16年) 日本伝統工芸展 東京都知事賞受賞
2007年(平成19年) 日本伝統工芸展 第一次鑑査委員に推挙さる
2008年(平成20年) 西日本陶芸美術展 優秀賞受賞
MOA岡田茂吉賞 工芸部門 優秀賞受賞
2009年(平成21年) 紫綬褒章授章
2010年(平成22年) 第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ 招待出品
日本工芸会理事に推挙さる
2011年(平成23年) 日伊芸術交流 ラ・ルーチェ展 招待出品(イタリア)
日本伝統工芸展 第一次鑑査委員に推挙さる
2012年(平成24年) 日本工芸会 西部支部の幹事長に推挙さる(~2020)
日本陶磁協会賞 受賞
佐賀新聞文化賞 受賞
十三代~十四代 今泉今右衛門 色鍋島の粋(菊池寛実記念智美術館)
2013年(平成25年) Contemporary KOGEI Styles in Japan 現代の日本工芸展 招待出品  (森上博物館 アメリカ、マイアミ)
2014年(平成26年) 有田陶芸協会会長に就任
重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝)に認定
日本伝統工芸展 第一次鑑査委員に推挙さる
Beauty of KOGEI Art Crafts in Japan 「わざの美-現代日本の工芸」展 招待出品 (在シンガポール日本国大使館)
2015年(平成27年) 光琳ART 光琳と現代美術展 招待出品 (MOA美術館)
日本伝統工芸展 第二次鑑査委員に推挙さる
工藝を我らに 招待出品 (資生堂アートハウス~2017年)
2016年(平成28年) 日本伝統工芸展 審査委員に推挙さる
2017年(平成29年) フランスのクリスタルブランド、バカラ社との共同制作「Baccarat meets IMAEMON」を発表
「今右衛門の色鍋島」展(山口県萩美術館・浦上記念館、他3ヶ所に巡回)が開催さる(~2018年)
奈良・薬師寺の食堂落慶に際し、三具足を奉納する
日本伝統工芸展 第二次監査委員・保持者賞選定委員・審査委員に推挙さる
2018年(平成30年) 佐賀県陶芸協会会長に就任
日本伝統工芸展 第二次鑑査委員・保持者賞選定委員に推挙さる
日仏交流が生んだ近現代の傑作工芸を展示する「ジャポニスムの150年」展 招待出品 (装飾美術館 フランス、パリ)
2019年(平成31年) 第二次工藝を我らに 第一回展 招待出品(資生堂アートハウス ~2023年まで予定)
EXHIBITION OF JAPANESE ART 日本美術展 (現代ギリシャ文化博物館)
日本伝統工芸展 第一次監査委員に推挙さる
2020年(令和2年) 日本工芸会 副理事長に推挙される
特別展工藝2020 自然と美のかたち 招待出品 (東京国立博物館表慶館)
日本伝統工芸展 第二次監査委員・保持者賞選定委員・審査委員に推挙さる
2021年(令和3年) 日本伝統工芸展 第二次監査委員・審査委員に推挙さる